日本都市計画学会中部支部研究発表会で3期山崎君が発表しました

2021年10月8日(金)にオンライン開催となった第32回日本都市計画学会中部支部研究発表会にて、3期M1の山﨑翔史君が下記タイトルで研究発表を行いました。

・山﨑翔史・中島伸・三寺潤(2021)「地域鉄道における車窓景観と風景認知に関する研究-えちぜん鉄道三国芦原線を事例として-」『日本都市計画学会中部支部研究発表会論文集』32巻、pp. 61-64、2021年10月、日本都市計画学会中部支部

 (J-Stageのサイトで論文は公開されており、ダウンロードできます。)

本研究は山崎君の卒論をベースにしたもので、山崎君の学会デビューとなりました。引き続き、三国プロジェクト、修士研究でえちぜん鉄道を対象に研究を進めています。

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です