中島准教授が千代田区長と神田のウォーカブルなまちづくりについて意⾒交換を実施

中島伸准教授が令和3年8⽉30⽇に千代⽥区⻑と神⽥のウォーカブルなまちづくりについて意⾒交換を⾏いました。

中島准教授は、令和3年度千代⽥学事業「アフターコロナの「神⽥ウォーカブル」の実現に向けた調査・アクション・提案」の(研究代表者:泉⼭塁威、共同研究者:菅原遼(海洋建築⼯学科助教)、中島伸(東京都市⼤学都市⽣活学部准教授))の採択を受け、神⽥のウォーカブルなまちづくりの研究調査に所属研究室の教員・学⽣と共に取り組んでいます。

今回は、樋⼝⾼顕・千代⽥区⻑と神⽥のウォーカブルなまちづくりについての意⾒交換を日本大学泉山塁威助教と⾏いました。今後、意⾒交換を踏まえて研究調査に活かすとともに、千代⽥区政にも参考になるべく研究調査に取り組んで参ります。

神田ウォーカブル研究会

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です